PR

ニュース 政治

首相「政策進める責任放棄しない」 参院予算委

 安倍晋三首相は8日の参院予算委員会の集中審議で、公職選挙法違反疑惑により閣僚2人が相次ぎ辞任した事態について「任命したのは私であり、責任を痛感している」と述べた。立憲民主党の福山哲郎氏への答弁。

 福山氏は、6日の衆院予算委員会での首相の答弁を念頭に「壊れたテープレコーダーのように同じことを繰り返す。どう責任を取るのか」とただした。

 首相は「先の(参院選)で約束した政策を進めることが私の責任だ。国民に対して申し訳ない思いだが、責任を放棄するわけには決していかない。政策を実行することで責任を果たしていきたい」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ