PR

ニュース 政治

自民・岸田派が憲法勉強会 古賀名誉会長ら講師に

根本匠前厚生労働相=国会内(春名中撮影)
根本匠前厚生労働相=国会内(春名中撮影)

 自民党の岸田文雄政調会長率いる岸田派(宏池会、47人)は11日から憲法改正に関する勉強会を開催する。派の若手らを対象に月内に3回実施し、9条改正に否定的な古賀誠名誉会長も講師を務める。

 勉強会は党憲法改正推進本部事務局次長を務める古賀篤衆院議員ら若手が企画した。初回の11日は推進本部事務総長の根本匠前厚生労働相が講師で、党の取り組みや9条への自衛隊明記など4項目の党改憲案などについて説明。2回目の13日は古賀名誉会長が自身の考えなどを話す。3回目は有識者を招く予定だ。

 派閥会長の岸田氏は党幹部として憲法改正をテーマにした地方政調会を開くなど、改憲に向けた国民的な議論の喚起に取り組んでいる。一方、古賀名誉会長は自著「憲法九条は世界遺産」の中で9条改正に反対するなど温度差がある。

 ただ、岸田氏は改憲を進めるには「積極派だけでなく、消極派や反対派も議論に巻き込んでいけるかが重要だ」と指摘する。古賀衆院議員も「いろんな考え方を聞いたうえで、改憲議論を進めていきたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ