PR

ニュース 政治

石破氏、首相答弁に苦言 「ずっと定番の答え」

 自民党の石破茂元幹事長は7日昼の石破派(水月会)の会合で、公職選挙法違反疑惑による閣僚2人の辞任をめぐり6日に実施された衆院予算委員会集中審議での安倍晋三首相の答弁に触れ、「定番の答えをずっとしていた。見ている人たちが納得してもらったか。『さすが自民党だ』と言ってもらえる答弁をしてもらえたら、ありがたい」と苦言を呈した。

 首相は予算委集中審議で、菅原一秀前経済産業相と河井克行前法相の相次ぐ辞任について「適材適所の観点から任命したが、こうした結果になった責任を痛感している」と陳謝していた。

 石破氏は両氏に対しても「閣僚の立場でなくても、国民に(疑惑について)説明してもらいたい。国政選挙も来るので自民党に対する納得と共感を高める努力を皆でしていかなければならない」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ