PR

ニュース 政治

衆院予算委集中審議 主なやり取り

衆院予算委員会で質問する無所属の今井雅人氏(左)。右は安倍晋三首相ら=6日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で質問する無所属の今井雅人氏(左)。右は安倍晋三首相ら=6日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 6日の衆院予算委員会集中審議での主なやり取りは次の通り。

 【2閣僚辞任】

 坂本哲志氏(自民)「閣僚2人の辞任は国民に大きな落胆を与えた」

 安倍晋三首相「国民に大変申し訳なく、任命した責任を痛感している。国政の前進に全力を尽くす」

 渡辺周氏(国民民主)「3人目の辞任はないと約束してほしい」

 首相「閣僚であるからには行政に遅滞があってはならないのは当然だ」

 浦野靖人氏(維新)「首相の任命責任をいうなら、(衆院を)解散して国民の信を問うべきだ」

 首相「政策の実現に専念する。(解散は)現時点で考えていない」

 【英語民間試験の延期】

 坂本氏「受験生らに戸惑いと混乱を与えた」

 萩生田光一文部科学相「多くの皆さんにご迷惑をかけ、率直におわびしたい。(読む・聞く・話す・書くという)英語4技能を適正に評価するシステムを国が責任を持って実施できる体制を検討する」

 塩川鉄也氏(共産)「民間企業に丸投げしては機会均等を確保できない」

 首相「大学入試では安心して受験できる環境を整えることが重要だ。文科省にしっかり検討させる」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ