PR

ニュース 政治

れいわ新選組の木村英子氏が初質疑 障害者差別の解消訴え 憲政史上初、当事者が質疑

参院国交委が散会し、赤羽国交相(右)に声をかけられるれいわ新選組の木村英子議員=5日午後
参院国交委が散会し、赤羽国交相(右)に声をかけられるれいわ新選組の木村英子議員=5日午後

 7月の参院選で初当選した重い障害のある木村英子議員(れいわ新選組)が5日午後、参院国土交通委員会で初の質疑に臨んだ。

 車いすに乗った木村氏は「障害者が地域で生活するにはさまざまなバリアーがある」とはっきりとした口調で指摘。国や自治体に義務付けられた「合理的配慮」により、障害者差別解消法の理念を実現するよう訴えた。

 参院によると、障害のため車いすと介助者が必要な議員による質疑は憲政史上初。当事者が国会で直接訴えたことで、障害者の直面する課題が大きく動きだす可能性が出てきた。

 木村氏は脳性まひで体がほとんど動かせないため、秘書らの介助を受けながら約30分間にわたり質疑。地震や水害の頻発を踏まえ、障害者の個別避難計画作りや避難所のバリアフリー化の必要性も訴えた。

 委員会は昼休憩をはさみ約5時間に及んだが、トイレのための途中退室を除いて全て出席した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ