PR

ニュース 政治

日韓首脳が言葉交わす 約10分間 首相「日本の原則的立場」伝達

ASEANプラス3首脳会議で発言する安倍首相。中央は中国の李克強首相、右は韓国の文在寅大統領=4日、バンコク(代表撮影・共同)
ASEANプラス3首脳会議で発言する安倍首相。中央は中国の李克強首相、右は韓国の文在寅大統領=4日、バンコク(代表撮影・共同)

 【バンコク=原川貴郎】安倍晋三首相は4日午前(日本時間同)、訪問先のタイのバンコク郊外で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と約10分間、言葉を交わした。外務省が「日韓首脳のやりとり」として発表した。

 両首脳のやりとりは、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)の首脳会議の開始前に行われた。その中で首相は、2国間の問題に関する日本の原則的立場を伝えた。いわゆる徴用工訴訟をめぐる昨年10月の韓国最高裁判決で生じた日韓請求権協定違反の状態を早期に是正するよう求めたとみられる。

 また、外務省の発表によると、首相は10月末に文氏の母が亡くなったことに対し弔意を伝えた。「即位礼正殿の儀」に韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が参列したことへの謝意も伝えた。

 文氏からは天皇陛下のご即位に対する祝意と李氏に対するもてなしへの謝意の表明があったという。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ