PR

ニュース 政治

立民、元朝日記者擁立へ 菅原氏の衆院東京9区

立憲民主党の山岸一生氏(古厩正樹撮影)
立憲民主党の山岸一生氏(古厩正樹撮影)

 立憲民主党が、10月25日に辞任した菅原一秀前経済産業相が選出された衆院東京9区に、元朝日新聞政治部記者の山岸一生氏(38)を擁立する方向で調整していることが31日、分かった。複数の同党関係者が明らかにした。

 菅原氏は地元有力者の通夜で公設秘書が香典を渡したなどと週刊誌で報じられ、閣僚を辞任した。公職選挙法は議員本人が持参しない限り、選挙区内で香典を渡すことを禁じている。立民幹部は産経新聞の取材に対し「早めに準備し、確実な議席獲得につなげたい」と語った。

 山岸氏は7月の参院選に東京選挙区(改選6)から党公認で出馬して約49万6000票を獲得したが、次点で敗れた。立民は山岸氏を衆院東京都第9区総支部長に選任した後、党として公認する考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ