PR

ニュース 政治

5%減税なければ野党にも候補擁立 れいわ山本代表、次期衆院選で

 れいわ新選組の山本太郎代表は31日、東京都内で講演し、自身が次期衆院選で野党共闘の条件に掲げる消費税率5%への引き下げをめぐり、野党がまとまらなかった場合は「自分たちで勝手にやる。与党にも野党にもめぼしい人には(対立候補を)立てる」と述べ、対決する姿勢を強調した。

 山本氏は「野党共闘をしたら党の議席は伸びないが、5%になるなら、そこは飲む」と強調した。ただ、5%でまとまらなければ「旧体制とどうして足並みをそろえるのか。各所に(候補)を立てるしかない」と語った。

 さらに、旧自由党で行動を共にした国民民主党の小沢一郎衆院議員に言及し「小沢氏に口を利いてもらえれば私にブレーキがきくだろうと思ったら大間違いだ。私は一人でも牛歩をやるような人間だ」と述べ、徹底して対抗する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ