PR

ニュース 政治

立民・安住氏「一切の日程協議に応じない」

立憲民主党・安住淳国対委員長(春名中撮影)
立憲民主党・安住淳国対委員長(春名中撮影)

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は31日午前、河井克行法相の辞任を受け、国会内で会談した。安住氏は菅原一秀前経済産業相も含めて閣僚の辞任が相次いでいることを踏まえ、同日の国会審議に応じないと通告した。今後の日程協議については野党側は同日午後にも開く幹事長・書記局長会談で方針を決める。

 会談は森山氏の呼びかけで開かれた。安住氏は森山氏に「この先、一切の日程協議に応じるつもりもない。国対委員長レベルで日程協議をしたり、委員会の動かし方を話す次元ではない」と野党側の意向を伝え、その場を退席した。

 一方、森山氏は会談後、記者団に「経産相に続いて法相が辞任したという現実は与党として真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べた。その上で「国会は国民生活に直結をする大事な法案をお預かりしており、その責任を果たしていくことが大事だ」とも語り、国会正常化に向けて野党側と協議していく考えを強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ