PR

ニュース 政治

「責任を痛感している」 安倍首相ぶら下がり記者会見詳報

河井克行法務相から辞表を受け取り、記者団の質問に答える安倍晋三首相=31日午前、首相官邸(春名中撮影)
河井克行法務相から辞表を受け取り、記者団の質問に答える安倍晋三首相=31日午前、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は31日午前、河井克行法相の辞任について「任命したのは私だ。こうした結果となりその責任を痛感している」と首相官邸で記者団に述べた。記者団とのやりとりの詳報は次の通り。

 --菅原一秀前経済産業相に続き、短期間で閣僚2人が辞任する異例の事態となった。自身の責任について

 「先ほど河井法務大臣から辞表を受け取りました。河井大臣からは『法務大臣として、国の基本法制、法秩序を所掌する者として、法務行政に対する、その公正性に対して疑念を招くようなことは断じて避けねばならない。よって、職を辞したい』という申し出がありました」

 「私としては、河井大臣の意思を尊重することといたしました。河井大臣を法務大臣に任命したのは私であります。こうした結果となりその責任を痛感しております。国民のみなさまに深くおわびを申し上げたいと思います」

 「そして、菅原大臣に続いて河井大臣が辞職するという結果となったことについて厳しい批判があることは真摯(しんし)に受け止めなければならないと思います。内閣として、また総理大臣として、より一層身を引き締めて、行政の責任を果たしていきたい。こう決意を致しております」

 「そして後任は森雅子さんにお願いしました。森さんは弁護士として法務行政のプロでもあります。かつて安倍内閣の一員として、特定秘密保護法という重要法案、難しい法案を担当して成立をさせた経験があります。その手腕を生かして法務行政を力強く前に進めていただきたいと期待しています」

 --具体的にどのような形で責任を取る考えか

 「国民の皆さまの信頼を回復してしっかりと行政を前に進めていくこと。そのことにおいて責任を果たしていきたいと思います」

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ