PR

ニュース 政治

参院埼玉補選 改憲前向き上田氏、与野党が動向注視

当選確実の一報を受け、バンザイ三唱する上田清司氏(中央奥)=27日、埼玉県朝霞市(竹之内秀介撮影)
当選確実の一報を受け、バンザイ三唱する上田清司氏(中央奥)=27日、埼玉県朝霞市(竹之内秀介撮影)

 27日投開票の参院埼玉選挙区補欠選挙で、与野党いずれの支援も求めず「完全無所属」の立場で戦った前埼玉県知事の上田清司氏が圧勝した。上田氏は政界に幅広い人脈を持ち、憲法改正の論議に積極的だ。参院では改憲勢力と反改憲勢力がせめぎ合っているだけに、与野党はその言動に神経をとがらせている。

 「無所属の限界やパワー不足も感じたらそういうこともありうる」

 上田氏は27日夜、同県朝霞市内で記者団に、当面は無所属で活動するが、特定の政党に所属する可能性も示唆した。改憲議論に関しては「今後、大きな議論をしていく必要がある。だが旗を振るという立場にはない」と述べるにとどめた。

 立場を曖昧にする上田氏に気をもむのが、安倍晋三政権下の憲法改正に反対する主要野党だ。

 上田氏が埼玉県選出の立憲民主党の枝野幸男代表と良好な関係を築き、過去には旧民主党などに所属した経緯もあって、野党側には「自民党入りはない」との楽観論がある。しかし、上田氏を知る野党関係者は「上田氏は補選で与野党に公認候補を出させず、『戦わずして勝つ』という孫子の兵法を具現した人物だ。政治家としての老獪(ろうかい)さでは群を抜く。『自民党には入らない』との見通しは甘すぎる」と警戒する。

 一方、7月の参院選で憲法改正の国会発議に必要な「3分の2」の改憲勢力を維持できなかったため、自民党は二階俊博幹事長と旧知の仲でもある上田氏と連携を図りたい考えだ。補選に対立候補を擁立しなかったのも、その期待の表れといえる。自民党の下村博文選対委員長は27日夜に発表したコメントで「憲法をはじめ国政上の諸課題について活発に議論を交わしていくことを大いに期待したい」と当選を歓迎した。

 また、上田氏が野党の改憲勢力の一部を束ねて政府・与党と連携するとの臆測も飛び交っており、与野党間で上田氏をめぐる綱引きが激化しそうだ。(千田恒弥、竹之内秀介)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ