PR

ニュース 政治

「請求権協定踏まえた解決を」要求 立憲・枝野氏が韓国首相に

会談前に握手する、韓国の李洛淵首相(右)と立憲民主党の枝野代表=23日午後、東京都港区の韓国大使館
会談前に握手する、韓国の李洛淵首相(右)と立憲民主党の枝野代表=23日午後、東京都港区の韓国大使館
その他の写真を見る(1/2枚)

 立憲民主党の枝野幸男代表は23日、東京都内の在日韓国大使館で韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と会談し、いわゆる徴用工判決をきっかけに悪化した日韓関係について、昭和40(1965)年の日韓請求権協定に沿った対応を求めた。「日韓請求権協定という重たい歴史があることもしっかりと踏まえた上で、解決策を導いていただきたい」と述べ、国際ルールの順守を求める日本政府と足並みをそろえた。

 韓国政府による軍事情報包括保護協定(GSOMIA(ジーソミア))破棄決定に関しては、「できるだけ早い、良い方向での解決を期待している」と述べた。枝野氏によると、李首相は「日韓関係は請求権協定の上に立っている。請求権協定が基盤であり、これからも尊重・順守していく。立場の違いはあるが、知恵を絞って対話、解決していきたい」と発言した。

 枝野氏は会談終了後、国会内で記者団に「簡単に解決する問題ではないが、東アジア、北東アジアの平和と安定のためには日韓関係を改善していくことが不可欠で、韓国側の努力をお願いしたいというような話で進めてきた」と語った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ