PR

ニュース 政治

自衛隊の中東派遣検討を伝達 日米外相が電話会談

茂木敏充外相(鴨川一也撮影)
茂木敏充外相(鴨川一也撮影)

 茂木敏充外相は22日夜、ポンペオ米国務長官と電話で会談し、悪化する中東情勢について協議した。茂木氏は米国主導の有志連合構想とは別に、自衛隊の独自派遣に向けて本格的な検討に入ったことを伝達した。両氏は中東の緊張緩和と情勢安定化に向けた緊密な連携を確認した。

 外務省によると、茂木氏は天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に関し、トランプ米大統領がお祝いの声明を出したことに謝意を示し、ポンペオ氏は即位に祝意を表明したという。

 両氏は、北朝鮮情勢についても意見交換し、引き続き日米が協力する方針を確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ