PR

ニュース 政治

匿名アカウント特定に慎重姿勢 質問通告問題で国民・玉木代表

地方組織の幹部らを集めた会議であいさつする国民民主党の玉木代表=9月29日、東京・永田町の党本部
地方組織の幹部らを集めた会議であいさつする国民民主党の玉木代表=9月29日、東京・永田町の党本部

 国民民主党の玉木雄一郎代表は21日、同党の森裕子参院議員の質問通告問題をめぐり、野党の調査チームが省庁の内部情報を提供したツイッターの匿名アカウントの特定を求めていることについて慎重な対応が必要だとの認識を示した。

 玉木氏は「内部告発を保護する観点からすると、特定することで萎縮効果を与えてもいけない。今回、問題となった情報がどれだけ秘匿性の高い、保護すべき秘密だったかも含め、しっかりと検討しなければならない」と述べた。

 その上で「結果として台風が近づく中、多くの霞が関の(省庁の)皆さんを待機させてしまったことは事実だ。われわれも反省しなければいけないし、おわびしなければいけないところがあれば、おわびしたい」と語った。

 都内で記者団の取材に答えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ