PR

ニュース 政治

質問通告めぐり「漏洩」と“逆ギレ”、官僚“犯人捜し”に走る野党

 そんなコメントとともに期間限定で公開された資料は、省庁の内部システムの画面を印刷したもので、15日の参院予算委を前に、休日にも官僚が答弁準備に動いていた状況が読み取れる内容だ。松井氏は後に、役所のヒアリングに対し「匿名アカウントから送られてきた」と説明した。

 そもそも、この問題の発端は台風19号の接近を控えた11日夜、インターネットで「森氏の質問通告に対応するため、役所で深夜残業を強いられている」という趣旨の匿名投稿が相次いだことだ。松井氏の投稿も官僚の労働環境に関する問題提起だった。ところが調査チームは、松井氏に情報提供した匿名アカウントの特定を目指すという。

 台風前夜、役人に過酷な労働を強いた国会議員たちが、内部告発に「逆ギレ」し、被害者面で「粛清」を始めた-。一連の動きは、そうとしか見えない。野党は「働く者の味方」である労働組合の支援を受けている。もっと他にやるべき仕事があるのではないか。(千葉倫之)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ