PR

ニュース 政治

自民大阪府連会長に大塚氏 渡嘉敷氏は交代へ

 自民党大阪府連の国会議員らが、府連会長を務める渡嘉敷奈緒美衆院議員=大阪7区=を交代させ、後任に大塚高司衆院議員=同8区=を起用する方針を固めたことが分かった。27日に開かれる府連大会で正式決定する。複数の関係者が18日、明らかにした。

 渡嘉敷氏は4月の大阪府知事・市長のダブル選や衆院大阪12区補欠選挙で自民党が日本維新の会や地域政党「大阪維新の会」に敗れたことを受け、5月に会長に就任。維新が推し進めてきた大阪都構想の是非を問う住民投票の実施を容認する方針を打ち出し、大阪、堺両市議団が一時、反発していた。17日に府連所属の国会議員らが会合を開き、会長交代の方針を決めた。

 大塚氏は平成17年の衆院選で初当選し、国土交通副大臣や国交政務官を務めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ