PR

ニュース 政治

ノーベル化学賞の吉野彰氏、自民党で講演「先頭切ってやっていきたい」

自民党本部で講演した吉野彰さん(手前)=18日、東京・永田町
自民党本部で講演した吉野彰さん(手前)=18日、東京・永田町

 ノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰(あきら)氏が18日、自民党本部で開かれた党文部科学部会などの合同会議で講演した。吉野氏は冒頭、平成13年から50年間でノーベル賞受賞者を30人輩出するという政府目標に触れ「ちょっと早く(賞を)取りすぎた。30人目だったらもっと(良かった)」と述べ、会場を沸かせた。

 パワーポイントなどを用いてリチウムイオン電池の開発について講演した吉野氏は、自動運転車などが普及した未来の街を想定した動画を紹介し「このような考え方でこれから世界は変わっていくと思う。その時に、日本として先頭を切ってやっていきたい」と語った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ