PR

ニュース 政治

公明・北側氏 合区解消の自民改憲案「理解できない」

 公明党の北側一雄中央幹事会会長は17日の記者会見で、参院選「一票の格差」に関連し、合区解消のため各都道府県から1人以上の議員選出を目指す自民党の憲法改正案について「理解できない」と述べた。

 北側氏は「(衆参)両議院は全国民を代表する」と定めた憲法43条に触れ「各県から最低1人参院議員を出すとなると、地域代表になる。43条とどう整合性をもたせるのか」と疑問を呈した。

 その上で「自民党の考え方に立つと、二院制のあり方や役割の見直しにまでつながる大きな話だ。43条がある以上、自民党案は十分に理解できない」との認識を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ