PR

ニュース 政治

【台風19号】自民幹部が被災地視察

 自民党幹部が台風19号の被災状況を確認するための視察を開始する。党非常災害対策本部長を務める二階俊博幹事長は17日、ヘリコプターで埼玉や栃木、茨城など各県の状況を上空から視察。群馬県長野原町の八ツ場ダムや福島県玉川村の福島空港も訪れる。

 対策本部長代理の岸田文雄政調会長も18日、浸水被害が出た東京都世田谷区や川崎市高津区の工場などを視察。岸田氏は党本部で記者団に対し「今後、対策本部で広範囲にわたる視察の計画を作っていきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ