PR

ニュース 政治

二階氏、「まずまずに収まった」を事実上撤回 台風19号

自身の「まずまず」発言に関し記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長=15日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
自身の「まずまず」発言に関し記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長=15日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は15日、台風19号の被害について「まずまずに収まった」と語った13日の自身の発言を事実上撤回した。党本部で記者団に「被災された皆さまに誤解を与えたとすれば表現が不適切であった」と述べた。

 その上で「災害に対してはこれまで人一倍、先頭に立って取り組んできた思いがある。その経験を生かして、災害の復旧に全力を尽くしたい」と強調した。

 二階氏は13日に開いた党の緊急役員会で「予測されていたことから比べると、まずまずに収まったという感じだが、それでも相当の被害が広範に及んでいるので、対策を早急に打たなければならない」などと発言した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ