PR

ニュース 政治

首相、シリア情勢に懸念 中東問題めぐり意見交換

安倍晋三首相(春名中撮影)
安倍晋三首相(春名中撮影)

 安倍晋三首相は11日夜、谷内正太郎前国家安全保障局長や山内昌之東大名誉教授らと東京都内で食事した。山内氏によると、中東情勢をめぐって意見交換し、首相はトルコ軍がクルド人勢力を攻撃しているシリア北部の情勢について懸念を示した。

 イラン情勢や対立が続く日韓の状況についても話が及んだという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ