PR

ニュース 政治

豊洲市場「目利き」を数値化も 生き残りかけ情報発信

開場から1年を迎えた豊洲市場で、競りの前に並べられたマグロを見て回る男性=11日早朝、東京都江東区
開場から1年を迎えた豊洲市場で、競りの前に並べられたマグロを見て回る男性=11日早朝、東京都江東区

 世界最大級の魚市場を有し、「日本の台所」と呼ばれる中央卸売市場、豊洲市場(東京都江東区)が、市場からネットで情報を発信し、消費者と直接つながる試みを始めることが分かった。魚の鮮度や青果のおいしさなどを見極める職人の「目利き」といわれる技術の数値化も検討する。築地から移転し、11日で丸1年。ネット通販や産地直送が盛んになり、市場の存在意義が問われる中、生き残りをかけた試みとなる。

 豊洲市場は10月から、情報技術や発信の専門家2人を新たに採用。市場には水産物や青果物の最新の情報が集まっており、「どこの何の魚がうまいか」「どういう料理法がよいか」など消費者の求める情報をネットで発信していくという。

 魚に付けるICタグ(電子荷札)を活用することも検討。タグによる在庫や販売管理も進んでいるが、海で魚を捕った際の温度や状態、さらに市場へ運搬するまでの温度や状態などが、全て履歴で分かるようにする。

 市場関係者によると、「これまでアナログの世界だった」といい、経験や勘などによる職人の技術に頼ってきた。今後は、魚の脂肪分の分布や、青果の糖度など「目利き」を科学的に解析した上で、情報を発信していくことも考えていくという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ