PR

ニュース 政治

衆院予算委 萩生田文科相、英語民間試験「不安を払拭」 野党は新閣僚追及

衆院予算委員会で立憲民主党・川内博史氏(左)の質問に答弁する萩生田光一文科相=11日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で立憲民主党・川内博史氏(左)の質問に答弁する萩生田光一文科相=11日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 衆院予算委員会は11日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席し、2日目の基本的質疑を行った。萩生田光一文部科学相は、来年度から始まる大学入学共通テストへの英語民間検定試験の導入について「一つ一つ不安を払拭してきた。来年はこれで行く」と強調し、円滑実施に向けて準備に万全を期す考えを示した。立憲民主党の川内博史氏に対する答弁。

 立民の本多平直氏は新閣僚の資質を追及した。菅原一秀経済産業相に対し、公職選挙法が禁じる選挙区での寄付行為について「メロンやカニを配っていたのではないか」とただした。菅原氏は「確認したい」と繰り返した。

 本多氏は、竹本直一科学技術担当相が入閣前に元暴力団関係者と撮影したとする写真を掲載した報道を取り上げた。竹本氏は「その人は知らない。写真を撮っただけで、よく覚えていない」と答えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ