PR

ニュース 政治

関電問題で首相「重く受け止めるべき」 衆院予算委

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=10日午前、衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=10日午前、衆院第1委員室(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 安倍晋三首相は10日の衆院予算委員会で、関西電力役員らの金品受領問題について「電気事業は電力料金を支払う利用者の信頼で成り立っている。今回の問題で関西電力が不信を持たれている事態は重く受け止めなければならない」と述べた。

 同時に「独立した第三者の目を入れて徹底的に全容を解明し、経営問題も含め再発防止措置を講ずることで信頼回復に努めるべきだ」と強調した。

 公明党の石田祝稔政調会長に対する答弁。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ