PR

ニュース 政治

発足30年連合が大会 神津会長「野党会派、心に響く実績を」

連合の定期大会であいさつする神津里季生会長=10日午前、東京都新宿区
連合の定期大会であいさつする神津里季生会長=10日午前、東京都新宿区

 日本労働組合総連合会(連合)の定期大会が10日、東京都内で始まった。神津里季生(りきお)会長は冒頭あいさつで、立憲民主党と国民民主党が衆参両院で結成した統一会派に触れ「共同会派の責任は極めて重たいものがある。有権者の思いとつながっていくような、心に響く実績を積み重ねることを期待する」と述べた。

 大会には立民の枝野幸男、国民の玉木雄一郎両代表も出席した。神津氏は「お互いの立場を尊重し、丁寧に物事を進めてもらいたい」と両党に協調を求めた。枝野氏は「日本の社会と経済をしっかり立ち直らせる軸を作る」とあいさつし、玉木氏は「消費を軸とした好循環を作る政策体系と、それを進める政治態勢を作る」と述べた。

 大会は11日まで。令和2~3年度の運動方針を採択し、同日には神津氏、逢見(おうみ)直人会長代行、相原康伸事務局長が続投する執行部人事を承認する見通し。

 連合は11月に発足から30年を迎える。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ