PR

ニュース 政治

大連立構想あったと亀井氏 国民民主、異論で頓挫?

亀井静香元金融担当相(宮川浩和撮影)
亀井静香元金融担当相(宮川浩和撮影)

 亀井静香元金融担当相は9日のBS-TBS番組で、今年夏ごろ安倍晋三政権と国民民主党との間で大連立構想が持ち上がっていたと明らかにした。「安倍首相もOKした。(国民の)玉木雄一郎代表も結構だと(言った)」と述べた。頓挫した理由について、国民側が「立憲民主党などの野党で固まろうという方向に流れた」と指摘した。

 憲法改正などを念頭に置いた構想だったとみられる。亀井氏は「玉木氏は政権をもぎ取る覚悟をしたが、あの党の連中がああでもない、こうでもないと言って駄目にした。玉木氏の人間の弱さだ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ