PR

ニュース 政治

参院代表質問・首相答弁要旨 日米貿易協定「全国民に利益」

参院本会議で答弁する安倍晋三首相=9日午後、国会(春名中撮影)
参院本会議で答弁する安倍晋三首相=9日午後、国会(春名中撮影)

 9日の参院本会議で行われた各党の代表質問に対する安倍晋三首相の主な答弁は次の通り。

【消費税率引き上げ】

 全世代が安心できる社会保障制度を構築するための安定財源として、消費税率を引き上げた。教育無償化や軽減税率に加えポイント還元、プレミアム付き商品券、自動車や住宅(購入時)の減税など十二分な対策を講じる。経済への影響に目配りし、これらの制度が円滑に実施されるよう政府一丸となって対応する。

【軽減税率】

 制度の適正かつ安定的な運用のため、確定申告での丁寧な相談対応など必要な整備に万全を期す。円滑な実施、定着に向け周知、広報を進める。

【教育無償化】

 地域や保護者のニーズに応えている幼児教育類似施設について、国と地方が協力した支援のあり方を検討をしている。来年から真に支援が必要な子供たちの高等教育無償化を着実に実施できるよう万全の準備を進める。

【年金】

 経済を強くして年金の財政基盤を確かなものとし、厚生年金の適用拡大など老後の安心を支えるプランの制度改革を進め、生活の安定を図る。在職老齢年金は人生100年時代を見据えて公平性に留意しつつ、高齢者の就労意欲を阻害しない観点から見直しに向けた検討を進める。

【憲法改正】

 国会が発議し、主権者の国民が国民投票で決める。(国会の)憲法審査会で議論を重ね、国民の理解を深めていくことが国会議員の果たすべき重要な役割だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ