PR

ニュース 政治

自民党本部で鯨肉試食会、刺し身や竜田揚げに舌鼓

クセがなく、脂のりがいいとされるニタリクジラの刺し身を試食する自民党の二階俊博幹事長(右)=9日、自民党本部
クセがなく、脂のりがいいとされるニタリクジラの刺し身を試食する自民党の二階俊博幹事長(右)=9日、自民党本部

 自民党は9日、31年ぶりに再開された商業捕鯨で水揚げされた鯨の試食会を党本部で開いた。国会議員ら約100人が集まり、刺し身やくじら汁、竜田揚げなどの料理に舌鼓を打った。

 古式捕鯨発祥の地といわれる和歌山県選出の二階俊博幹事長は「捕鯨に生涯をかけて頑張っている地域の皆さんの生活を思うと、党としてしっかり支えていかなくてはならない」とあいさつし、商業捕鯨を後押しする考えを示した。

 日本政府は今年6月、国際捕鯨委員会(IWC)から脱退し、7月1日から31年ぶりに商業捕鯨を再開。日本の排他的経済水域(EEZ)内でミンククジラなどの鯨類を捕獲している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ