PR

ニュース 政治

首相、北方領土交渉「日本売り渡すとの指摘当たらぬ」

衆院本会議で答弁する安倍晋三首相=8日午後、国会(春名中撮影)
衆院本会議で答弁する安倍晋三首相=8日午後、国会(春名中撮影)

 安倍晋三首相は8日の衆院本会議で、北方領土問題について「北方領土は、わが国が主権を有する島々だ。政府の立場に変わりはなく、交渉の対象は四島の帰属の問題だというのが日本側の一貫した立場だ」と述べた。国民民主党の泉健太氏の代表質問に対する答弁。

 首相は対露交渉が難航していることで、泉氏から「日本を売り渡すことになりかねない」と批判されたことに「指摘は全く当たらない。この強い言葉が皆さんにとってブーメランとならないことを祈っている」と語気を強めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ