PR

ニュース 政治

首相、原発処理水「科学的かつ丁寧な議論で結論出す」

 安倍晋三首相は8日の衆院本会議で、東京電力福島第1原発事故に関連し「科学的な事実に基づき、丁寧な情報発信を尽くすことが何よりも重要だ」と述べ、風評被害の払拭に全力をあげる考えを重ねて示した。

 第1原発で保管する汚染水浄化後の処理水の処分方法については「経済産業省で有識者による小委員会を設置し、海洋放出を含めたあらゆる選択肢を検討している。今後、政府として科学的かつ丁寧な議論の上に結論を出す」と明言した。

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長の代表質問に対する答弁。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ