PR

ニュース 政治

西村副長官「北京の大使館ルートで抗議」北朝鮮船衝突

衝突前に水産庁の漁業取締船から放水を受ける北朝鮮漁船=7日(同庁提供)
衝突前に水産庁の漁業取締船から放水を受ける北朝鮮漁船=7日(同庁提供)

 西村明宏官房副長官は8日午前の記者会見で、日本の排他的経済水域(EEZ)内で北朝鮮漁船が水産庁の漁業取締船と衝突して沈没しことに関し、「北京の大使館ルートを通じて抗議した」と明らかにした。

 漁船はイカ釣り漁船で違法操業の疑いがあるが、西村氏は海に投げ出された漁船の乗組員は別の北朝鮮籍とみられる船に移ったことを明らかにした上で、「違法操業が確認できず、公海上でもあったので、身柄の拘束といった強制力を行使することができない事案だった」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ