PR

ニュース 政治

【安倍政権考】小泉進次郎環境相が“小泉語録”で被弾の理由

 記者はかつて小泉氏の番記者だった。当時の反省も込めて率直にいえば、演説上手の小泉氏は、国政選挙で全国各地に応援に入れば人が集まるスターとしてちやほやされ、永田町という“ぬるま湯”で甘やかされてきた面もあると思う。

 政局取材を主眼とする自民党担当の記者と違い、省庁担当記者は業界紙や雑誌などを含め高い専門知識を持つ人が多い。就任して間もない小泉氏が環境行政に詳しい記者にかなうわけがない。

 であれば、質問に十分な答弁が難しい場合は奇をてらったような返答ではなく「分かりません」と事務方に回答を委ねたり、「次回までに調べます」と約束する。専門記者には「こちらが教えてほしい」と素直に聞く度量があってもいいのではないか。

 優秀な政治家に共通するのは、国会審議などで守勢を強いられた場面で「しのぐ」手腕を持っていることだ。小泉氏はこれまで、時には首相に対してさえも舌鋒(ぜっぽう)鋭く注文をつけてきた。大臣である今の自分に対し、仮に少し前までの自分から質問されたらどう対応するのか。小泉氏にはよく考えてほしい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ