PR

ニュース 政治

社民、立花氏に辞職要求 虐殺発言「差別の正当化」

 社民党の吉川元・幹事長は3日、世界の人口増対応に絡んで「虐殺」に言及した、NHKから国民を守る党の立花孝志党首に、議員辞職を求める談話を発表した。「人種差別の正当化であり断じて容認できない。即刻撤回・謝罪し、議員を辞職すべきだ」と非難した。

 同時に「傍観すれば日本の国会が妄言を容認したと受け取られる」と強調、国会としての対応を求める考えを表明した。

 一方、国民民主党の玉木雄一郎代表は、立花氏がインターネットに投稿した動画をめぐって脅迫容疑で書類送検されたことについて「有罪になれば辞めるということだから、しっかり責任を果たすべきだ」と述べた。東京都内で記者団の質問に答えた。

 立花氏は有罪が確定した場合、議員辞職する考えを示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ