PR

ニュース 政治

北ミサイルは1発が2つに分離か 河野防衛相が分析公表

 首相官邸に入る河野防衛相=2日午前
 首相官邸に入る河野防衛相=2日午前

 河野太郎防衛相は2日午前、北朝鮮が発射した弾道ミサイルは1発で、上空で2つに分離した可能性があるとの分析結果を明らかにした。防衛省で記者団の取材に答えた。韓国軍が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)だとの見方を示したことについては「日本としては情報を分析しているところで断定には至っていない」と述べた。

 また、落下地点は島根県島後沖の北350キロ付近の日本の排他的経済水域(EEZ)内とみられると説明。弾道ミサイルを通常より高い角度で打ち上げる「ロフテッド軌道」で、最高高度900キロに達したとの見方も示した。通常軌道で発射された場合は飛距離がさらに伸びる公算が大きいことを意味する。

 河野氏は「事前通報もなく、航空機や船舶の安全確保の観点から極めて問題がある危険な行為だ。断じて看過できるものではない」と北朝鮮を非難した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ