PR

ニュース 政治

臨時国会は「憲法より関電」 立憲・安住氏、追及姿勢を強調

 福井県高浜町の元助役森山栄治氏(同町提供)
 福井県高浜町の元助役森山栄治氏(同町提供)

 立憲民主党の安住淳国対委員長は2日のラジオ日本番組で、関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受領していた問題について、4日召集の臨時国会で追及する考えを示した。「自民党は憲法と言っているが、憲法よりまず関電だ」と述べた。

 安住氏は「ショッキングだった。あれだけの企業がそんなことをやって済むわけがない」とも語った。また国会内で開かれた野党国対委員長会談後、関電の問題について記者団に「野党としてチームを作り、早急に実態解明をしようということになった」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ