PR

ニュース 政治

名誉都民にさいとう・たかをさんら3人

名誉都民に選ばれ、顕彰式に出席した(左から)漫画家のさいとう・たかを氏、元文相の赤松良子氏、デザイナーの三宅一生氏=1日午前、東京都庁
名誉都民に選ばれ、顕彰式に出席した(左から)漫画家のさいとう・たかを氏、元文相の赤松良子氏、デザイナーの三宅一生氏=1日午前、東京都庁

 令和元年度東京都名誉都民顕彰式が1日、都庁(新宿区)で行われ、劇画家のさいとう・たかをさん(82)=中野区=ら3人に称号記などが贈呈された。名誉都民は今回で、計117人になる。

 ほかに名誉都民に選ばれたのは、日本ユニセフ協会会長で元文相の赤松良子さん(90)=港区=と、デザイナーの三宅一生(いっせい)さん(81)=渋谷区。

 顕彰式では、小池百合子知事が「3人の功績は都民が敬愛し、誇りに値する」と挨拶した。謝辞で、赤松さんは「100歳までがんばる」、さいとうさんは「この仕事は64年になる。ほめてもらうのが一番うれしい」、三宅さんは「考えもしなかった栄誉だ」と述べた。

 さいとうさんは人気漫画「ゴルゴ13」の作者で、分業制を定着させ、50年以上休みなく連載を続け、多くの読者を魅了したことが評価された。

 赤松さんは女性の社会進出の先駆者で、男女雇用機会均等法の成立に尽力。三宅さんは日本を代表するデザイナーで、革新的な服づくりを続ける姿勢がたたえられた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ