PR

ニュース 政治

河野・玉城会談、辺野古移設は平行線 防衛相就任後初の沖縄訪問

 沖縄県庁を訪れ、玉城デニー知事(右)と会談する河野防衛相=29日午後
 沖縄県庁を訪れ、玉城デニー知事(右)と会談する河野防衛相=29日午後

 河野太郎防衛相は29日、就任後初めて沖縄県を訪れ、玉城デニー知事と県庁で会談した。河野氏は市街地にある米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古に移設させる計画への理解を求めたが、玉城氏は反対の考えを伝え、平行線に終わった。

 河野氏は「普天間飛行場の一日も早い全面閉鎖が一番の安全対策だ。その意味で辺野古移設はやらなければならない」と述べた。

 玉城氏は、辺野古沿岸部の埋め立てに「反対」が大きく上回った今年2月の県民投票などを挙げ、「県民の反対の民意は揺るぎない。政府はこの事実を受け止めてほしい」と強調。移設工事の中止と普天間飛行場の県外移設を求めた。

 河野氏はこれに先立ち、渡具知武豊名護市長と松川正則宜野湾市長ともそれぞれ宜野湾市内で会談した。30日には在沖縄米軍トップの四軍調整官と会談する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ