PR

ニュース 政治

【国民の自衛官~横顔】(6)陸自札幌病院准看護学院 蓑手博恵3等陸佐(47) 爆発現場で救護「日頃していること」

現場でともに救護に当たった看護師2人に、「立派に育ってくれた」と喜ぶ蓑手博恵3等陸佐=札幌市の陸自真駒内駐屯地
現場でともに救護に当たった看護師2人に、「立派に育ってくれた」と喜ぶ蓑手博恵3等陸佐=札幌市の陸自真駒内駐屯地

 「ドーン」という音が響き、繁華街の夜空に炎が立ち上った。昨年12月、札幌市の不動産仲介店で発生した爆発事故に巻き込まれ、打撲や切り傷を負いながらも負傷者を救護した。「看護師として、日頃していることをした」と振り返る。

 事故は大量の消臭スプレーを噴射したのが原因とされ、隣の居酒屋の客ら50人以上が負傷した。自身は居酒屋の2階で、約10年前に母校の自衛隊中央病院高等看護学院(東京、平成28年閉校)で教官として担当した教え子たちと一緒にいた。

 逃げ道を失った客が窓側に押し寄せ、その重みで床が崩れ落ちた。滑り落ちるように投げ出されて命拾いし、脚から出血していた女性の手当てをした。

 多量の出血は命にかかわる。脚の付け根を縛り、出血箇所を圧迫して止血。ショックを起こしていないかを確認するため、脈を取った。「脈拍が弱まり、道具もなく、元気づけるしかないと声を掛け続けた」

 札幌育ち。結婚後は東京で勤務していたが、昨年3月に家族を残して自衛隊札幌病院准看護学院(真(ま)駒(こま)内(ない)駐屯地)に赴任し、教育に関わっている。東京の母校で教えた学生が、今は自衛隊の看護師となり、爆発現場で自発的に動いてくれた。

 「災害現場で自衛官が安心して働けるよう、救護班も必ず派遣される。子供に誇れる仕事だと思う」

 自身の子には、「国のために働いているから、あなたはあなたで頑張って」と伝えているという。

 (寺田理恵、写真も)

 =随時掲載

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ