PR

ニュース 政治

徴用工判決 隔たり埋まらず 日韓局長協議

日韓局長協議のため外務省に入る、韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長=20日午前
日韓局長協議のため外務省に入る、韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長=20日午前

 外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長は20日、いわゆる徴用工判決への対応などをめぐり、都内で韓国外務省の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長と協議した。滝崎氏は、韓国最高裁が損害賠償を命じた日本企業に実害が生じないよう早期の対応を重ねて求めたが、両国の立場の隔たりは埋まらなかった。

 滝崎氏は、国際原子力機関(IAEA)年次総会で、韓国政府代表が東京電力福島第1原発で増え続ける有害放射性物質除去後の処理水に懸念を表明したことをめぐっても、「科学的根拠に基づかず、わが国の復興努力に水を差す」として遺憾の意を表明した。

 韓国による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定については「協定は当然維持されるべきもの」との日本の立場を改めて伝えた。今月9日付で局長に就任した滝崎氏が金氏と協議するのは初めて。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ