PR

ニュース 政治

豪戦闘機6機が千歳に到着 空自と国内初の日豪共同訓練

戦闘機による日豪共同訓練のため、航空自衛隊千歳基地に到着し、あいさつする豪空軍のジェイソン・イーストホープ中佐=20日午後、北海道千歳市(寺田理恵撮影)
戦闘機による日豪共同訓練のため、航空自衛隊千歳基地に到着し、あいさつする豪空軍のジェイソン・イーストホープ中佐=20日午後、北海道千歳市(寺田理恵撮影)

 航空自衛隊とオーストラリア空軍による共同訓練に参加するため、豪空軍のFA18戦闘機6機が20日、北海道千歳市の空自千歳基地に到着した。空自が国内を拠点に豪軍と実施する共同訓練は初めて。空自から北部航空方面隊のF15戦闘機10機とF2戦闘機3機が参加し、千歳基地を拠点に北海道沖の日本海や青森県沖の太平洋上で訓練を行う。

 日豪共同訓練の名称は「武士道ガーディアン」で、昨年9月にも計画されたが、北海道胆振(いぶり)東部地震のため中止。同10月の外務・防衛閣僚会合(2プラス2)で、今年中に実施する方針で合意していた。

 戦闘機訓練は9月24日から10月4日まで。豪空軍は、アンバレー空軍基地の第81航空団第77飛行隊を中心に約150人が参加する。同飛行隊長のジェイソン・イーストホープ中佐は「2年がかりでここに来られた。オーストラリア空軍と航空自衛隊の関係の成長と強化を約束する」などとあいさつした。

 日豪共同訓練実施の発表を受け、北海道は訓練中の事故防止や規律の維持に万全を期すよう防衛省北海道防衛局に要請。千歳市は戦闘機の離着陸時に市街地上空の飛行を避けることや、休日と深夜に訓練を実施しないことなどを確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ