PR

ニュース 政治

社民・照屋氏が政界引退へ

 社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、次期衆院選に立候補せず、今期限りで引退する意向を固めた。同党の又市征治党首は19日の記者会見で「(同日の)常任幹事会で、本人から後継者を選んで(次期衆院選の)準備を進めることになると報告があった」と述べた。

 照屋氏は、高齢と体力的な問題を理由に挙げたという。又市氏は「県民の信頼を勝ち得てきた人だ。体力が許せば頑張ってほしいが、ご苦労だったという思いもある」と語った。

 後継には沖縄県北中城村の新垣邦男村長(63)の名前が浮上している。又市氏は「個人名を話す段階ではないが、社民党公認で出てもらう」と述べた。

 照屋氏は弁護士出身で、平成7年の参院選で当選。15年から衆院議員を6期連続で務め、副党首も歴任した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ