PR

ニュース 政治

那覇軍港移設へ協議継続、沖縄県知事と浦添市長が一致

沖縄県浦添市の松本哲治市長(左)と会談する玉城デニー知事=17日午後、沖縄県庁(杉本康士撮影)
沖縄県浦添市の松本哲治市長(左)と会談する玉城デニー知事=17日午後、沖縄県庁(杉本康士撮影)

 沖縄県の玉城デニー知事は17日、沖縄県庁で同県浦添市の松本哲治市長と会談し、那覇市の米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の米軍牧港補給地区(浦添市)沿岸移設に向けた協議を継続する方針で一致した。膠着状態の移設協議を打開するため、会談を求めていた松本氏に玉城氏が応じた。

 那覇軍港をめぐり、浦添市は現行案を修正するよう求めていた。しかし、松本氏は最近になって現行案受け入れに前向きな姿勢を示し、玉城氏との会談を求めていた。

 松本氏は17日の会談終了後、記者団に現行案受け入れに言及しなかったと説明した。その上で「浦添市の要望に沿った変更・見直しから、現行計画まで広い範囲がある。対話をしながら進めていこうということだ」と述べた。玉城氏も「港湾計画についてどのような設計図を描くか意見交換した」と述べるにとどめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ