PR

ニュース 政治

【迫る10%】ポイント還元約50万店、全体の4分の1でスタート 申請受付は継続 

 消費税増税時のキャッシュレス決済に伴うポイント還元制度で、税率が引き上げられる10月1日から制度に参加できる中小事業者の店舗数が50万弱となる見通しであることが14日、分かった。制度開始時から参加するための締め切り期限だった今月6日までに約59万の申請があったが、書類の不備などで、実際に審査を通過する店舗は減少する。全国の約200万店が参加可能とされ、登録店舗はその4分の1程度になるが、経済産業省は引き続き登録申請を受け付ける。

 5月中旬から、決済事業者を通じ、中小加盟店の登録受け付けを開始。経産省は今月6日までに申請した事業者については、書類などに不備がなければ10月1日から制度に参加できるとしていた。現在、登録作業を進めているが、必要な情報が記載されていないなど不備のある申請が全体の1割超に達し、審査を通過するのは50万を若干下回る見通しとなった。

 ポイント還元制度に参加する店舗が限定されれば、消費者の利便性を損なう恐れがある。このため、経産省は制度開始に間に合わなかった店舗に対しても、引き続き申請を呼びかける。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ