PR

ニュース 政治

第4次安倍再改造内閣 閣僚19人の横顔

 ≪官房・拉致問題≫

 □菅義偉氏

 ■令和おじさん 官僚ににらみ

 4月の新元号発表で「令和おじさん」として人気が急上昇。遊説では、若い女性から「かわいい」の声も飛ぶほど。一方、官僚ににらみをきかすこわもてぶりも健在で、携帯電話料金の引き下げや外国人観光客の増加に陣頭指揮を執る。在職期間は歴代最長を更新中で、最近は「ポスト安倍」の一人に浮上。自身は首相への意欲を否定しているが、慕う国会議員は増えるばかりだ。

 ≪復興≫

 □田中和徳氏

 ■議員外交100の国・地域歴訪

 山口県豊田町(現下関市)で農家の長男として生まれた。議員秘書、川崎市議、神奈川県議を経て平成8年に衆院初当選し、「たたき上げ」の典型といえる。調整力の高さには定評がある。議員外交に積極的で、これまで約100の国・地域を歴訪、自民党国際局長当時は議員交流を主導した。2年前に盟友の甘利明前選対委員長らと麻生派に入会。これが念願の初入閣につながった。

 ≪国家公安・防災≫

 □武田良太氏

 ■二階氏側近 酒豪の九州男児

 亀井静香元運輸相の秘書から政界入りし、亀井派、山崎派などを経て現在は二階派。二階俊博幹事長の側近ともいえる存在になっている。衆院選に3回落選し、郵政民営化に反対して自民党を離れる苦労も経験。安全保障に明るく、防衛政務官、防衛副大臣などを歴任した。九州男児らしく飲みっぷりがよい。スーツのデザインを自ら描くほどの洋服好きで、ボルサリーノハットを愛用。

 ≪1億総活躍・沖縄北方≫

 □衛藤晟一氏

 ■首相補佐官7年連続務める

 衆院初当選から約30年での初入閣。大分市議、県議を経て衆院4期、参院3期。郵政民営化に反対して落選したこともある。安倍首相に近く、7年近く首相補佐官を務めてきた。平成25年の首相の靖国神社参拝に米側が「失望」を表明すると、「われわれの方が失望」と反論して批判を浴びるなど、言動が問題視されることも。厚生労働副大臣などを歴任し、特に障害者福祉に明るい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ