PR

ニュース 政治

改憲布陣 自民党四役が前面 対韓国揺るがぬ姿勢

記者会見する高市早苗総務相=11日午後、首相官邸(鴨川一也撮影)
記者会見する高市早苗総務相=11日午後、首相官邸(鴨川一也撮影)

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、内閣改造と党役員人事を行い、第4次安倍再改造内閣を発足させた。悲願の憲法改正や課題山積の外交・安全保障、社会保障にどう臨むのか、新たな布陣から読み解く。

憲法改正

 首相は憲法改正に向けた与野党調整をにらみ、二階俊博幹事長や岸田文雄政調会長を続投させ、党四役が前面に立つ挙党態勢で臨む決意を示した。秋の臨時国会で停滞する改憲議論の進展を図る構えだ。

 「長年の悲願である憲法改正を、党一丸となって力強く進めていきたい」

 首相は11日の党役員会で、党四役全員の名前を挙げながら憲法改正への協力を要請した。これを受け、役員会後の記者会見では四役全員が改憲に取り組む決意を表明した。

 とりわけ鍵を握るのが二階氏だ。これまで憲法改正で目立った動きは見せてこなかったが、11日の会見では「総裁の意向に沿い、党を挙げて努力を重ねたい」と明言。周辺にも「世の中で憲法改正より大事なことはない。しっかりやる」と語るなど変化も見られる。二階派の議員は「首相から幹事長続投と引き換えに憲法改正を頼まれたのでは」とみる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ