PR

ニュース 政治

改憲布陣 自民党四役が前面 対韓国揺るがぬ姿勢

 現状を放置すれば、年金、介護、医療などの社会保障費は膨らむばかりで、給付と負担のバランスも崩れるのは確実だ。現役世代には負担が重くのしかかる。首相が「1億総活躍社会」などを進めてきたのは、こうした事態を避けるためで、「働き手」つまり社会保障制度の「支え手」を増やす意味合いがある。

 今後、着手する改革はその延長線上に位置づけられる。「痛み」を伴うだけに、社会保障制度を維持する意義を国民に理解してもらう必要がある。(坂井広志)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ