PR

ニュース 政治

安倍首相、小泉進次郎環境相に期待「私より年季入っている」

会見に臨む安倍晋三首相=11日午後、首相官邸(納冨康撮影)
会見に臨む安倍晋三首相=11日午後、首相官邸(納冨康撮影)

 安倍晋三首相は第4次安倍再改造発足に伴う11日の記者会見で、衆院当選4回で抜擢(ばってき)した小泉進次郎環境相と、若くして自民党幹事長などを務めた自身を重ね合わせながら「結果をぜひ出していただきたいと期待している」と語った。

 首相は初当選から10年で初入閣した小泉氏に関し「私が(初当選から)10年たった頃、どうしてたかなと思うと、小泉進次郎さんのお父さんの小泉純一郎首相に官房副長官から幹事長に任命されたころだった」と振り返った。

 続けて首相は「幹事長は党務全般を把握し、結果を出さなければならないという大変な重責、プレッシャーを感じたことを思い出す。多くの方々に支えていただきながら、何とか職務を全うすることができたのかなと思う。現在、首相としての重責を担う上で糧となった」と述べた。

 その上で「進次郎さんにも、環境相という責任ある立場で、いかんなく能力を発揮していただきたい。すでに党農林部会長や厚生労働部会長を務めている。政治的な技術において、(議員10年目のときの)私よりも年季が入っている」と期待を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ