PR

ニュース 政治

小泉進次郎氏「環境の取り組みを世界に発信」

環境相に決まり、首相官邸に入る小泉進次郎氏(中央)=11日午後
環境相に決まり、首相官邸に入る小泉進次郎氏(中央)=11日午後

 環境相として初入閣する小泉進次郎氏小は11日、首相官邸で記者団に「環境に対する日本の先進的取り組みを世界に発信していく」と意気込んだ。

 小泉氏は38歳で戦後3番目の若さでの初入閣。小泉氏によると、9日に安倍晋三首相から環境相での入閣の打診があり、首相は「地球温暖化や海洋プラスチックなどの問題は世界に発信する必要がある。その発信をよろしく」と述べ、小泉氏は「よろしくお願いします」と応じた。

 小泉氏は環境問題について「重要な課題だが、日本での扱いは小さい。(世界と国内の)関心の向けられ方のギャップを埋めていく」と述べ、自身の発信力を発揮して環境行政をアピールする考えを強調。環境省の印象に関しては「環境問題(だけ)というイメージが強かったが、社会変革をする仕事だ。持続可能性を主導的に担う、いわば『SDGs(持続可能な開発目標)担当相』との思いだ」とも語った。

 自身を首相候補に推す声が多いことについては「率直に期待してもらっていることはうれしい。だけど(環境相に就任したことで)結果が問われる。それで見てもらえるかどうかが全て。だから働く」と気を引き締めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ