PR

ニュース 政治

菅長官「速やかに是正求める」 韓国のバルブ課税措置に

内閣改造を前に行われた臨時閣議をうけ、会見する菅義偉官房長官=11日午後、首相官邸(三尾郁恵撮影)
内閣改造を前に行われた臨時閣議をうけ、会見する菅義偉官房長官=11日午後、首相官邸(三尾郁恵撮影)

 菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、世界貿易機関(WTO)が韓国による日本の産業用バルブへの反ダンピング(不当廉売)課税をめぐり韓国側のWTO協定違反を認定したことを受けて「韓国にWTO協定に整合しない措置について誠実かつ速やかに是正を求めていく」と述べた。菅氏はWTOの判断について「保護主義的な措置の乱用が容認されないことを明確にした」と歓迎した。

 韓国は、日本企業が一部の産業用バルブを不当に低価格で輸出し韓国企業に損害を与えたと主張し、2015年8月に11・66~22・77%の追加関税を適用。日本は韓国の措置はWTO協定違反だとして、16年3月に提訴手続きに入っていた。

 また、韓国が日本政府による半導体材料3品目の韓国向け輸出規制強化措置が不当だとしてWTOに提訴すると発表したことについて「内容を精査の上でWTO協定の手続きを踏まえ、適切に対応したい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ