PR

ニュース 政治

自民党新四役 就任記者会見詳報(下)岸田氏、ポスト安倍へ「考える日本の明日アピール」

記者会見する自民党の岸田文雄政調会長=11日、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)
記者会見する自民党の岸田文雄政調会長=11日、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

(上)はこちら

 --首相は令和2(2020)年までの改正憲法施行を目指している。総務会はどのように党内の議論を進め、意見集約を図る考えか

 鈴木氏「あえていうまでもなく、憲法改正案は政府が提案するものではなく、国会で各党、各会派が憲法審査会の中で議論をし、成案を得て、国民投票に付すことになる。今は国会の衆参の審査会での議論を見守らなければならない。党としては、憲法改正推進本部で(9条への自衛隊明記など)4項目でいわゆるイメージ、素案を本部長一任のもとで決定し、党大会でも報告されている。総務会としては今後、そうしたたたき台を持って国会での議論が行われ、成案が得られれば党としてしっかりオーソライズをすることが必要ではないか。今のところそういう手続きのイメージを持っている」

 --政調会長として3期目を迎えるが課題は。また、自身は「ポスト安倍」や次期総裁選出馬に向けてどういった点が課題と考えるか。憲法改正にどう取り組むか

 岸田氏「今日まで2期の政調会長の任期の中で、さまざまな政策課題に取り組んできた。当面、消費税引き上げなど具体的な課題にもしっかり取り組み、参院選公約を実現していきたいが、やはり3期目、特に力を入れていきたいのは、来年、東京五輪・パラリンピック、この日本の歴史の中で大きな節目となる年を迎える。そこから先、日本の国はどんな未来を描いていくのか。どんな国を目指していかなければいけないのか。こういったものも、国民にしっかり示していく。これは政治の役割として大変重要な役割ではないか。自民党はこういった未来を考えている。こういったことをしっかり示していく。3期目ではこの部分が特に重要になってくると思う」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ